大阪岸和田でプリザーブドフラワー、花束、アレンジメント、ウェルカムブーケなら花むすびにおまかせ

大阪岸和田の花屋さん(フラワーショップ)花むすび

072-431-4587

  • yahoo!ショッピングページ
  • インスタグラム

7.ベルギーでのプロジェクト

-ベルギー貴族の大豪邸
ベルギーに住み始めて3か月、やっとオストさんの花屋の仕事にも慣れて回りの状況も見えてきました。そんな中、ベルギーで貴族階級の大豪邸でのウエディングを、日本からオストさんのレッスンツアーでこられたフローリストの人たちと一緒に装飾する機会がありました。ベルギーのお金持ちのホームウエディングパーティー装飾は、けた違いに豪華です。まず驚いたのは、そのご自宅に馬小屋があり、十数頭の馬が繋がれていて、その横には馬を走らせる馬場があり、使用人の宿舎があり、庭は森のように広がっていました。ご主人様と使用人の明確な関係があり、映画に出てくるような中世から残っている建物と貴族階級の習慣や振る舞いを感じました。

-ホームウエディング会場
今回ウエディングパーティが行われるのは、庭に設置された純白のテントの中です。テントといっても、骨組みからしっかり立てていき、使われる純白の柔らかそうな布の特徴を生かして美しいカーブのラインをデザインに取り込んだとてもエレガントな感じのする内装です。そのテントの広さは、メインテーブルが入り、10人掛けの円卓が25テーブルあり約300人のお客様が一同に入れるぐらいの広さです。音楽用のバンドも設置され、立派な窓も扉もあり、下は絨毯が敷かれるとそこはまるで、森の中に突然現れたお城のメインダンスホールのようです。その中に配置されるテーブルアレンジメントと巨大なオブジェを作成しました。1週間前より色塗り担当のジェフさんが、三重に色を重ねる方法で、アレンジ用の器、4.5mあるコーン状のオブジェを入れる1mの高さのベース、空中に吊るす直径1.5mもある大きな籠を同一の色で塗っていきます。花材へのこだわりも大変なものでした。店の近くに契約農家があり、アレンジメントに使うのに最適な少し小ぶりな青りんごやぶどうの美しいのを選んでとっておきます。そこには、アレンジに使う花材が自家栽培されていて、今回のウエディングに使ったスモークグラスは、20坪ぐらいの畑一面に栽培されていました。オストさんがデザインした器にオリジナルな色を塗り、自家栽培した花材を使ってアレンジメントを作る。なんとも、うらやましい限りです。この花屋にとって理想的な環境を整えた事で、あのオストさんの独創的なデザインが生まれるのも納得がいきました。今回は、日本から来たフローリストの人たちと、オランダ人の手伝いのデザイナーたちと、オストさんの店のベルギー人スタッフとの合同で作業を進めました。言葉がなかなか通じず、身振り手振りでの会話になりますが、そこはお互い花のプロです。不思議に花のことなら理解し合えます。見事に統一感のある同じアレンジメントが仕上がっていきました。テントの中は、テーブルとテントの色と花とが見事にマッチして、落ち着きのあるゴージャスな雰囲気をかもし出しました。

-ブルージュでのプロジェクト
年の瀬の12月、クリスマスもすぐそこでだんだん寒くなってきた頃、ベルギーの一番人気の町、ブルージュでプロジェクトが行われました。日本からも十数名のフローリストの人たちがツアーを組んでこられました。今回は、湖の中央に木で組んだ半円形の玉を浮かすデザインです。
最初の日は、オブジェのための骨格作りです。一日中ワイヤーで、サンゴミズキを縛り半円形の部分を作る作業です。単純で根気のいる作業が一日中続いて、だいぶんこのパーツが出来上がってきた頃、ふと外を見ると、湖の中にアルミニュームの胆管が組まれていました。何か、いやーな予感が走りましたが、やはりそうです。湖の湖面の下20cmに作られた胆管の足場の上にこのオブジェを設置する計画です。何も、うっすら氷の張り始めた12月に湖の中にやらなくてもと、心の中でぼやきつつ始まりました。デザインのアイデアは、湖水面に半円形のオブジェを設置して、湖上のオブジェが湖面に映り美しい円形になるクリスマスデコレーションの一つです。夜には、直径30cmの浮かぶキャンドルがオブジェの回りにたくさん浮かんで、たいへん幻想的な雰囲気です。デザイン、アイデアは、すばらしいのですが、作業は困難を極めました。この時期の湖に手を入れると、冷たさで手の色が変わるほどです。一つ一つのオブジェのパーツを湖の中央まで運び、それをワイヤーで止めていきます。アルミで組んだ胆管の下に広がる黒い水面を見て、「落ちたら、死ぬぞー!」と思いつつ作業は進みました。
半円形のオブジェの形がよくやくできてきたころ、次の指令がきました。「アルミで組んだ胆管のシルバーの色が目に付くので、どうにか消したい」とのことです。確かに、岸から見ると波で揺れながらオブジェの下にアルミの胆管が見え隠れします。完璧主義のオストさんには、許せないことなのでしょう。私達一般人とは、妥協のポイントが違います。早速、検討した結果は、水面下のアルミの胆管に黒いビニールをワイヤーで止めて隠すというもっとも原始的な方法が取られました。もちろん、湖の中に両手を突っ込んで。プロジェクトを進めるうちに、毎度色々な困難がありました。最初のデザインを変更せずに最後まで頑張って完成させたことにより、色々なことが学べました。難しい事にチャレンジすることで、自分を極限まで追い込んでそこから生まれる底力を利用するオストさんの姿に感動しました。日本から来たフローリストの人たちも、それぞれ何か貴重なものを掴んで帰られたことと思います。

夢のウェディングブーケレッスン